愛車の魅力を引き出すために必要なものとは

車用カーテンの利点

人気をなくしつつある車用カーテン

 日中や夕焼けの日よけ対策として車用カーテンは定番のアイテムです。助手席と運転席のガラスには道路交通法によってスモークフィルムの使用が禁止されています。そのため、車用カーテンと言うのが開発され、多くの車に取り付けられました。カーテンを閉めたままでの運転は出来ませんが、停車中や駐車時にカーテンを閉めておくことで夏場は車内温度の上昇を抑えることが出来ます。車用カーテンは日本独特のアイテムで海外では一切使われていません。  都道府県によって車用カーテンの取り締まりは違い、地域によってはカーテンを閉めたままの運転によって逮捕されたケースもあります。そのため、車用カーテンの人気は年々下がりつつあり、使用者は減っています。

取り付けの簡単なカーテン

 車の日差しよけやプライバシーの保護目的で最も人気なスモークフィルムはその効果は高いですが、取り付けるのが難しく設置費が掛かってしまいます。車用カーテンは取り付けが非常に簡単で誰でも取り付けることが出来ます。また、スモークフィルムは一度貼ってしまうと常に視界が悪くなるというデメリットがありますが、車用カーテンは開閉が出来るので視界を確保したいときやプライバシーを守りたいときなどによって使い分けることが出来ます。  車用カーテンは飽きたら簡単に取り外しが行なえます。カーフィルムは取り付けと同様に専門業者に持っていかないと剥がすことができません。車用カーテンは飽きたり、カーテンの明度を変えたくなった場合に自分で簡単にはずすことが出来ます。