愛車の魅力を引き出すために必要なものとは

足元もキレイに

自動車のフロアマットは平均価格を知ることで高級品との違いが分かる

自動車に大抵の人が乗せているのが内装フロアマットと呼ばれるマットで、これは足で直接車を汚すことがないようにするために配置する道具です。チープな品物もあれば高級品もある世界ですが、それほどこだわりがないのであればメーカー品をそのまま乗せている人が多いことでしょう。 このフロアマットにおいて平均価格は、実はメーカー品より安いものが主流となっています。形状にも寄りますがフロアマットは大体1000円台から3000円台が主流であり、それ以上となると高級品扱いになると思っていていいでしょう。 現在主流なのはこの中でも安い製品で、1000円代のフロアマットがよく売れています。これはフロアマットの使い方の変化で、長く使うより数年で使い捨てることを目的にしている方が増えたからだと言われています。

フロアマットで内装を豪華に

自動車の内装を豪華に見せてくれたり、また、清潔に保ってくれるものが足元に敷くフロアマットではないでしょうか。 このフロアマットの純正品は、自動車の販売価格に概ね比例していると言えます。ですから、当然、高級車のフロアマットはフロアマット自体も高額です。 低価格な自動車は、フロアマットも低価格であるといえます。足元に敷くだけのフロアマットですが、高級車向けのフロアマットと低価格車向けのフロアマットでは、品質が圧倒的に違います。高級車のフロアマットでは、10万円を越えるものもあります。 また、これはフロアマットのみならず、自動車の他の部品でもいえることですが、純正品よりも、社外品の方が安く購入できるということです。